-児童生徒を真ん中に置いた教育-
山形県立米沢養護学校
学校の写真
 

住所

本 校
〒992-0035
山形県米沢市太田町4丁目1番102号
TEL  0238-38-6100(事務室)
         0238-38-6101(職員室)
         0238-38-6102(寄宿舎)
FAX  0238-38-3891
E-mail:yyoneyo@pref-yamagata.ed.jp


分教室 (山形県立やまなみ学園内)
〒993-0033
山形県長井市今泉1812番地
TEL・FAX 0238-88-9118


長井校 (長井市豊田小学校内)
〒993-0034
山形県長井市歌丸976番地
TEL 0238-88-5277
FAX 0238-88-5280


西置賜校 (県立長井工業高等学校内)
〒993-0051
山形県長井市幸町9番17号
TEL 0238-84-5520
FAX 0238-84-5521
 

日誌

校長室だより
12345
2022/07/19

校長室だより R4 第3号

| by 管理者

 7月に入りました。1学期も残すところ2週間です。6月から中学部と高等部は作業学習に取り組んできました。中学部は7月6日、7日に校内でのバザーを行いました。1年生は、初めての作業学習でした。最初は戸惑いながら取り組む姿が見られました。日が進むにつれ、自分のやるべきことを理解して作業学習に取り組む姿が多く見られる様になりました。

バザー当日は、自分たちの作った製品を自慢げに販売する姿が多く見られました。

平日にもかかわらず、多くの保護者の皆様に来校いただき、購入いただきました。生徒たちは自分の作ったものが売れ作業学習のやりがいを感じることができました。ご協力ありがとうございました。

高等部は713日、14日に米沢市役所でバザーを行いました。最近、新型コロナウィルスの感染者数が再び増えはじめ、本当に開催できるのか心配しましたが、無事に2日間開催することができました。新型コロナウィルス感染拡大によりこの2年間、対面での販売活動が制限されてきました。高等部は3年ぶりに米沢市役所での対面販売です。このバザーを目指して、生徒の皆さんは自分のできる力を生かして作業製品作りに取り組んできました。今回のバザーで、自分たちの作ったものを自ら販売し、購入していただいた方に喜ばれる体験を通して働くことの尊さや楽しさを味わうことができたように思います。

また、会場で「この日(再開)を待っていました」や「米織りのバックを妻に頼まれてきた」、そして「先日実習に来てもらった○○さんに会いにきました」と複数のお客様に声を掛けていただきました。米養高等部バザーを、そして生徒たちの活躍を楽しみに待ってくださっている方々が多数おられることに大変勇気づけられました。これからも皆様の期待に応えられるように本校の教育活動を進めて参ります。

最後に販売スペースをお貸しいただいた米沢市役所の皆様をはじめ、ご協力いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。


   
             

令和4年7月19日

                                                   山形県立米沢養護学校

                                                       校長   山吉 泰


 

 


17:25
2022/06/07

校長室だより R4 2号

| by 管理者

                         校長室だより
 5
月の連休も終わり学校生活も徐々に落ち着きを取り戻してきました。5月27日には全校運動会を予定していました。しかし新型コロナウィルス感染症の高止まりが続き、今年度も全校での運動会は取りやめ、小、中学部それぞれで運動会単元学習「運動会をしよう」に取り組むことにしました。 小学部は「ゴールに向かってよーいドン(徒競走)」、「レッツ収穫(早く野菜を収穫した方の勝ち)」に毎日取り組みました。大きな集団での活動が苦手な児童もいますが、先生と気持ちを調整して活動に取り組む姿が増えました。

中学部では「ボッチャ(円に向かってボールを投げ、得点の高い方が勝ち)」や「あつめてポイ(ボールを二人組で運び、早くゴールした方の勝ち)」、「徒競走(70m走)、「ロックソーラン(ダンス)」を両軍で競い合いました。組の勝利を目指し、赤白両軍の連日作戦会議が行われました。生徒たちは「どうすれば勝てるか」について意見を出し合い真剣に競技に臨んでいました。なお、高等部は運動会に代えて陸上記録会をしました。70m走で自己記録の更新に向けて生徒の皆さんは努力していました。来年度はぜひ全校大運動会を実施したいものです。
       

 

          

      

 

 

。  

 

     令和4年6月7日

                                               山形県立米沢養護学校 

                                      校長   山吉 泰


19:10
2022/04/22

校長室だより R4 第1号

| by 管理者
                                 校長室だより
今年度、赴任しました山吉泰です。4年ぶりの本校での勤務となります。どうぞよろしくお願いいたします。

420日(水)は病院訪問教育の入学式を行いました。これで西置賜校、長井校、本校と続いた入学式をすべて終えることができました。新型コロナウイルス感染防止対策をとっての式でしたので、すべてを終えて少しほっとしております。新型コロナウイルスの感染者数は高止まりが続き置賜地域も油断できません。今後も気を引き締めて安全・安心な学校運営に努めてまいります。

 さて、令和43月に山形県教育委員会より山形県立米沢養護学校就労コース並びに西置賜校の教育基本計画が示されました。令和4年度は、就労コース並びに西置賜校の建設が始まります。就労コースは本校の敷地内に建設されます。西置賜校は長井市立長井南中学校の校地を一部活用して建設されます。今年は令和54月の就労コース並びに西置賜校開設に向けた準備に追われる1年になりそうです。チーム米養で力を合わせて乗り切りたいと思います。

現在、各学部では学級づくりや各種オリエンテーションが行われています。校地内の探検や学校生活でのルール確認等、新入生の皆さんは新しいことをたくさん学んでいます。初めは戸惑う姿見られましたが、日に日に新たな生活に慣れようとする姿が見られます。私も含め新入生の皆さんが、早く学校生活に慣れ、様々な学習や活動に安心して取り組めることを願っています。1年間どうぞよろしくお願いいたします。

        病院訪問教育入学式
 

 

     令和4年4月22

                                               山形県立米沢養護学校 

                                      校長   山吉 泰


17:52
2022/02/02

校長室だより R3 第5号

| by 部員

校長室だより

 
    あけましておめでとうございます。年末から断続的に続いている大雪で、米沢にある本校も長井市にある分校・分教室も、すっかり雪に埋もれてしまっています。この雪と風はいったいいつまで続くのだろうかと恨めしく空を見上げる今日この頃です。遠方から悪路の中を、児童生徒の送迎のために毎日ご苦労いただいています保護者の皆様、送迎支援サービス・福祉タクシー等の皆様に、心より感謝いたします。どうぞお気を付けて運転なさってください。

 

 そんな悪天候の中でも、本校の児童生徒は大変元気で、雪遊びやそり滑り、スキーなど、外での学習活動に活発に取り組んでいます。特に、本校中学部は、120日(木)と27日(木)に、小野川温泉スキー場での「スキー・そり教室」を予定しているため、築山やグラウンドでのスキー・そりの学習に大変熱が入っています。今年は、学校の築山やグラウンドでも十分な積雪量があるため、生徒たちは、何度も何度も滑って技術を磨いています。生徒たちが楽しみにしている「スキー・そり教室」が、よいお天気に恵まれることを祈っています。


    また、西置賜校高等部では、114日(金)に、長井市選挙管理委員会事務局の方から講師となっていただき、選挙についての学習を行いました。学習の中では、実際に使用している投票箱を使って投票の仕方を教えていただきました。


本番と同じ記入用の台で投票用紙に記入しました

 
    さらに、障がいがあって自分ひとりでは候補者の氏名を記入して投票することが困難である場合には、付き添ってきた方ではなく、各会場の担当の方が支援してくれる仕組みであることも教わりました。このような仕組みを知っている生徒は少なく、見ず知らずの人から支援してもらうことに戸惑う生徒もいて、大変よい経験になりました。このような学習を繰り返し行って、もっと選挙について知り、投票の仕方をよく覚え、もっともっと投票することに慣れていくことが必要と感じました。


緊張しながらも一人一人の思いを込めて投票しました

 

 

    令和4年 2月 2

                                         山形県立米沢養護学校 

                                    校 長   飯 野  明


14:50
2021/12/06

校長室だより R3 第4号

| by 部員

   

校長室だより

 

   106日(水)は、訪問教育部(家庭訪問)の合同スクーリング「運動会をしよう!」を行いました。今年は、家庭訪問教育の皆さんが全員集合することができ、大変盛り上がりました。赤組も白組も、力強い応援で競技を盛り上げ、個人競技でも親子競技でも大変白熱した戦いとなりました。

赤組は、「くす玉わり」と「魚とり」で連勝して勢いをつけ、白組も、「魚とり」や「牛乳パック積み競争」で反撃に出ました。競技の中では、くす玉がなかなか割れなかったり、せっかく積み上げた牛乳パックが途中で崩れてしまったりと、苦戦することもありましたが、子どもたちは、日頃の学習の成果を発揮して、最後まで頑張っていました。私も、「牛乳パック積み競争」に参加しましたが、もう少しのところで負けてしまいました。

 最後の表彰では、頑張りを称えて一人一人にご褒美のメダルを授与させていただき、みんな満足そうに受け取っていました。

 また、親子競技の「お宝集め競争」では、保護者の皆様からご参加いただき、どのご家庭もハッスルプレーを見せていただき、運動会を盛り上げていただきました。ご協力に感謝いたします。

「牛乳パック積み競争」の一場面


   なお、病院訪問教育については、新型コロナウィルス感染症対策のために、約2か月間、教員が病棟に立ち入ることができませんでした。ようやく11月からは、教員が病棟に入れるようになり、病棟を訪問しての授業を再開することができました。これまで当たり前のように行ってきた、子どもたちの側で直接顔を見て、話しかけたり働きかけたりできることのありがたさを身にしみて感じております。

   今年度は、1113日(土)に「よねようまつり2021」を開催しました。コロナ禍では2度目となった今年の「よねようまつり」は、引き続き新型コロナウィルス感染症対策を徹底した上で、担当となった校務部の職員が計画をよく吟味し、昨年度よりもよい「よねようまつり」にしようと工夫を凝らし、各学部においても、一層創意工夫がなされた学習発表や展示、作業製品の販売を行って、昨年度よりも一段とパワーアップしたものになりました。



   今年は、生徒たちからマスコットキャラクターを募集し、まつりのチラシをはじめ、様々なものにこのマスコットキャラクターを入れてまつりを演出しました。併せて、祭りの雰囲気を盛り上げる飾りつけやお客様への館内放送なども良く準備されていて、大変よいものでした。

くす玉を作るおまつり委員の皆さん

   その結果、児童生徒全員の取組みがこの「よねようまつり2021」に集結し、今年のまつりのテーマどおり全集中でまつりを楽しく成功させることができました。これもひとえに、まつりの準備や当日の運営に尽力してくれたおまつり委員の皆さんの頑張りのおかげです。ご苦労様でした。

「よねようまつり2021」の大成功を喜び合うおまつり委員の皆さん

残念ながら、今年も、参加者は児童生徒とそのご家族、教職員のみとなりましたが、来年こそは以前のように地域の方々を含めたくさんのお客様をお招きできることを祈っております。

 

     令和3年12月6日

                                              山形県立米沢養護学校 

                                    校 長   飯 野  明



17:44
12345